HOME>Topics>リフォーム業者選びは慎重に〜満足のいくリフォームをしよう〜

リフォーム業者選びは慎重に〜満足のいくリフォームをしよう〜

室内

リフォームをするメリット

リフォームをすると、家がきれいになるとか設備が新しくなるということ以外にも、ちょっとしたことで不都合を感じていた毎日の生活を、ストレスなく送ることができるようになるというメリットがあります。これは、リフォームをして初めて気づく点なのですが、ストレスを感じなくなるというのは、毎日の生活においては大きな変化になるはずです。

リフォーム

悪徳業者に気を付けよう

リフォームを行う業者は数多くあります。ただ、その中には悪徳とも思える業者があります。説明の内容と、実際に行う工事の内容が違うとか、そもそも工事の意味がないリフォームを行っている業者があるのです。被害額が少額にとどまるケースが多く、大きな問題にはならないのですが、実際にはそのような業者が多くいるということを知っておかなければなりません。

作業員

屋外のリフォームも可能

また、リフォームは建物の内部だけでなく屋外のリフォームもあります。特に岐阜周辺の建物は、立派な玄関や庭があるケースが多く、その段差を解消したり手すりやスロープを設置するようなリフォームを行うことで、快適な生活を送ることができるようになる場合があります。

リフォーム業者を選ぶ際にチェックしている内容ベスト5

模型
no.1

希望する内容の工事実績があるか

リフォーム工事を受注した業者に工事実績がなくノウハウがなければ、打ち合わせ通りの結果になるかという不安を抱えてしまいます。仮に実際の工事は下請が行うとしても、受注する業者にノウハウがなければ、よいリフォームにはなりません。

no.2

デザインのこだわりを反映してくれるか

デザインにこだわってリフォームを行う人もいるかと思います。イメージ図による完成予想図の提示があり、その図面に基づいて工事が行われる、ということを条件として業者選びを進めるのもよいと思います。

no.3

費用が極端に安くないか

費用面の問題は、リフォームをするうえで避けては通れません。できれば安く済ませたいのが人情ですが、安かろう悪かろうでは意味がありません。他と比較して極端に安くないか、あるいは高すぎないかチェックしましょう。

no.4

業界団体に加盟している業者か

リフォーム業者がどのような業界団体に加盟しているかは、その業者の信頼性を図るうえでポイントの一つになります。そのような団体に加盟しているかどうかにより、工事に対する保証が変わる可能性があります。

no.5

大手業者か地元の業者か

どちらも一長一短あるため、どちらが良いというわけではありません。より安心して任せたいと考えるか、地元の業者でその地域の気候や特徴を生かしたリフォームをしたいと考えるか、その人の優先順位によって業者選びも変わってきます。

信頼できるところに依頼しよう

リフォームをするとなればそれなりの金額を支払い、またその後住み続ける我が家のリフォームを託すわけですから、信頼できる業者を選んでリフォームを依頼するようにしましょう。

リフォームの問い合わせから施工完了までの流れ

リフォーム

まずは問い合わせ、相談から

リフォーム業者探しは事前に情報を集めるところから始まりますが、気になる業者に対しては問い合わせを行い、実際に担当者から話を聞きます。

現地調査と見積もりを依頼

担当者に相談した後、実際にリフォーム箇所を見てもらい、どのようにしたいか要望を伝えます。使用したい設備を相談して決めながら、その要望に基づいて見積もりを作成してもらいます。

見積もりとプラン提案を受けて契約

複数の業者に見積もりを依頼すると、見積書が複数手元に届くので、その内容や金額を検討して業者の選定を行い、正式な契約を交わすこととなります。

近所へのあいさつと工事開始

業者の方と一緒に工事開始前にご近所さんへあいさつを行います。騒音や道路の交通で迷惑をかけてしまうことがあるため、必ず行いましょう。

工事完成の報告と立会完了

工事完成後、業者から工事完了の報告書を受けます。また、実際に工事箇所の確認を立会いのもと行います。仮に、仕上がりに気になるところがあれば、このとき言っておかなければいけません。

広告募集中